相関関係と因果関係の違いについて

コラム

統計では「相関関係」という単語及び手法がよく出てきます。

相関関係の有無、そして強さである相関性を調べることは、営業、開発、品質管理など様々な業務において非常に重要です。

というより相関関係の議論が不要な職種は皆無と言っても良いでしょう。

それでは皆さん「相関関係」と「因果関係」の違いはご存知でしょうか。

この二つの単語は同義語のようで、実は違います。

そしてこの相関関係と因果関係を正しく把握することは、実はより相関関係を深く分析する上で重要なのです。

今回は相関関係と因果関係の意味の違いから、相関関係が見いだせたときにどのように分析を進めるかのプロセスについて解説します。

相関関係とは

相関関係とはある一方の変化に対して、もう一方に何かしらの関係性が認められることを言います。

こちらの図は正の相関を表したものになります。

ある数値が大きく(小さく)なった場合に、もう一方も大きく(小さく)なる。

この関係を正の相関と言います。

ある数値が大きく(小さく)なった場合、反対に小さく(大きく)なる。

この関係を負の相関と言います。

この相関関係にはどちらが原因でどちらが結果であるかは言及されません。

ただ単に2つの変数間に関係性があるかどうかだけを示すものになります。

因果関係とは

因果関係とは原因と結果という関係にあるもののことを言います。

例えば

ストレスが溜まる(原因)と飲酒量が増える(結果)

ストレスが減る(原因)と仕事のモチベーションが上がる(結果)

このような原因と結果が見える関係のことを言います。

相関関係と因果関係の関係

因果関係がある場合は、必ず相関関係があります。

しかしながらその逆、相関関係がある場合に必ず因果関係があるかと言われたら、実は違います。

これを先程のストレス、飲酒量、モチベーションの関係で考えてみましょう。

先程の例のように、ストレスと飲酒量およびストレスとモチベーションには因果関係がありますし、相関関係があります。

対して飲酒量とモチベーションはどうでしょう。

相関関係で見たら飲酒量が上がるとモチベーションが上がらなくなるという相関が、おそらく見いだせるはずです。

しかしながら、飲酒量の増加はモチベーションが上がらない直接の原因ではありません。

その逆も然りです。

なぜならいずれも、そもそもの原因はストレスだからです。

このように相関関係が見いだせてもその実、因果関係が存在しないということはよくあります。

相関関係を見出した後に因果関係が見出せるか考察しよう

この相関関係と因果関係の関係が、実は相関性の分析(というか考察)に非常に大切だったりします。

再度先ほどのストレス、飲酒量、モチベーションの関係で考えてみますと、それぞれにおいて相関関係はあるわけです。

しかしながら、因果関係はストレスと飲酒量及びモチベーションに対してしかありません。

ここでもし、飲酒量とモチベーションに対してのみ調査をしてしまったらどうなるでしょうか。

相関関係はありますから、

「モチベーションを上げるには、飲酒量を下げればいいのか」

という素っ頓狂な結論を出す可能性があります。

「法的に禁酒にして、モチベーションを上げさせよう」

なんて、とんでもないアクションの実施につながる可能性もあります。

つまりここで大切なのは、

相関関係の中にどのような因果関係が潜んでいるのか

これを考察し仮説を立てるということです。

・2つの変数のどちらが原因でどちらが結果になるのか

・2つの変数の間に別の変数(先ほどでいう所の「ストレス」)が挟まっていないか

これを探らずにただ相関性だけに注目していると、禁酒させられる羽目になります。

相関関係を調査する際には、因果関係の考察を忘れないでください。

これを実施するだけで、アクションの精度がぐんと増しますので。

コメント