市場価値をアプリで簡単判定しよう!!【書類選考無しで面接可能!】

コラム

皆さん、自分の市場価値って分かりますか?

自分の市場価値を正確に把握する事って、実はとても重要なんです。

なぜなら、転職という選択肢を前向きに選ぶことが出来るかどうかを測る試金石になるから。

市場価値が高ければ、今は転職に興味がなくとも、業績が悪化したり企業体質がブラック化してきたときに迷わず転職活動にシフト出来ますし、また降格、ひいてはクビを過度に恐れる必要が無くなるので、割と前向きに働くことが出来るようになります。

逆に市場価値が低ければ、今の会社にしがみつくしかないと思ってしまって、上司の言う事には意見する事も出来なくなって、日常からして生きにくくなってしまいます。

ただこの市場価値、どうにもスカウターで計るように、簡単に知ることは出来ない。

自己分析を実施する事で、ある程度は把握出来るようになりますが、それだって比較対象が無い為本当に合っているのか自信を持つのは難しいです。

ですが、もしこの市場価値。

膨大なデータを元に、客観的に把握できるとしたら?

それはとても便利なものだと思いませんか?

という事で、今回は市場価値/転職アプリ、ミイダスを紹介いたします。

私自身、実際に使ってみたので、レビューを含めてご覧になってください。

スポンサーリンク

ミイダスで市場価値を客観的に導き出そう!

ミイダスって何?

ミイダスとは、転職アプリ/サイトの名前でその特徴は、

・5分間質問に答えるだけで、市場価値を示してくれる

・回答結果から、適した転職候補選んでくれる

・書類作成をしなくても、勝手に面接オファーが来る

・自分から企業からアプローチせず、企業側から面接のオファーが自動で来る。

といった、転職において面倒な、書類作成、企業選びといった工程をすっ飛ばして面接の確約が採れる点です。

ただこの手のアプリって結構使用するとき躊躇しますよね?

私も試しに使ってみようと思ってはいても、

「ダウンロード即登録とかだったら、嫌だなー」

と思ってました。

ですが、それは杞憂でした。

市場価値の分析までは、登録なしで実施出来るんです。

市場価値を分析して、その結果を確認した上で、そのデータを元に転職活動進めるかどうかからがアナタ次第という訳です。

とりあえず、今回私も試しに市場価値を調べてみたので、実際に見てみましょう

ミイダス使ってみた

市場価値分析の段階では、氏名の登録はありません

またこの段階での住所の登録は県までです

その点も手軽に使える特徴です。

そしてまず最初の確認事項は学歴から直近の職歴です。。

この辺りは普通の履歴書に相当する部分で、それほど深い内容は聞かれないです。

ただ離職していた期間や、直近の職場に入社した日付を登録するので、離職期間が長かったり、直近の勤続年数が低いと、市場価値が低く見積もられる可能性があります。

この後、スキルの質問に入っていきますが、この辺りが結構深いです。

直近の職種からその勤続年数、そして私は化学の開発と答えたのですが、そこから

無機、有機、高分子等の分野から

取り扱ってきた製品や材料など

どんどん詳細な質問事項が続いていきます。

おそらく、この辺りで持っているスキルから市場価値を見出していくのでしょう。

また、回答を答えていくにつれて、リアルタイムでオファー年収(同程度の経歴の人の年収実績)や選考条件に合致した会社数面接が確定したオファーが表示されます。

試しに自分が持っていないスキルを選択したりして、年収のメーターが動くのを見てみると、今自分の市場価値を引き上げるのに必要なスキルが見えてくるかもしれません。

ちなみに、私の場合最終的なオファー年収は

450万円⇒754万円

でした。

・・・転職、しようかな?

問題点はないの?

確かにお手軽なミイダスですが、少し問題点もあります。

まず、このオファー年収は平均値ではなさそうという点です。

市場分析後の画面をスクロールすると上記のような画面が出るのですが、先ほどのオファー年収より低めの年収が大半を占めています。

もしかしたら最大値に近い値を提示しているかも?

また、職種に関しても、現職と近しいものを選ぶといったようなものでは無いようです。

職種が変わってくると、いざ転職したときにうまくやっていけるのかは不安に思っちゃうので、そのあたりは冷静に見ていった方が良いとは思います。

ただそれでも、現職の年収が高くない私からすれば、低めの値でも今より高い年収が多いので、その気になったら登録して転職活動にシフトするのは十分にアリだなとは思いました。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

ミイダスを使えば、お手軽に市場価値を測ることが出来ます。

ここで出た年収等は、実際に同じ経歴の人が、その年収の転職を成功させたことがあるとい事です。

ただ、オファー年収にも大きなばらつきはあるし、職種も結構幅広いのでそのあたりは、やりたいことと、年収の値を比較して適切に選んでいけば良いと思います。

もし気になった方いらっしゃったら、以下のサイト/アプリで市場価値を分析してみて下さい。

市場価値の分析そのものは登録も不要ですので、気楽に出来ます。

そして思った以上に年収が上がりそうで、タイミングも合えば登録してみるのもいいのではないでしょうか?

市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

スポンサーリンク
コラム 転職
スポンサーリンク
シグマアイ-仕事で使える統計を-

コメント