今さら聞けない?転職エージェントを複数使う理由!

転職

今や誰しも1回の転職は当たり前という世の中です。

そんな中今自力で転職活動する人は、大分少なくなってきたと思います。

それというのも、転職エージェントが充実しているからです。

ですが

・転職エージェントってなんだか分からない。

・なんか胡散臭い

・どうやって活用したらいいか分からない

と思っている人も多いかもしれません。

という事で今回は、転職エージェントを利用するときの注意点について解説していきます。

結論としては、良い担当者が出てくるまで一杯登録しましょう、無料だからってことになります。

スポンサーリンク

転職エージェントとは?

転職を援助してくれる代理会社

転職エージェントとは、転職を援助してくれる代理会社です。

転職はそもそもとても大変です。

・会社ごとに履歴書を書かないといけない

・面接の段取りも調整しないといけない

・自分の希望する職種、業種に類する会社を探さないといけない

等々煩雑、膨大な作業量が伴うのです。

会社を辞めた状態でも大変なこれらの作業を、更に勤めながらこなすことは無理ゲーもいいところです。

これらの大変な作業を一手に引き受けてくれるのが転職エージェントになります。

転職エージェントを使う利点

それでは具体的な利点を挙げていきます。

まずは、履歴書/職務経歴書は一つでOKという点です。

基本的にエージェントでは履歴書や職務経歴書のフォーマットを持っていたりする事が多いです。

そしてエージェントに対して一種類ずつ履歴書と職務経歴書(これらはエクセルやワードでOK)を書けば、希望に該当する会社に一斉に配布してくれます。

つまり書類を書く量が大幅に削減出来るのです。

しかも、職務経歴書や履歴書はあらかじめエージェントにチェックしてもらえたりもするので、変な内容で展開される危険性は非常に少ないのです。

手書きという事がまずないので、やろうと思えば職務中に書くことも不可能ではありません。

次に段取りも全てやってくれるという点です。

まず書類の採用是非や面接の段取りで、選考中の会社とあなたが直接やりとりすることはありません。

全てエージェントの担当者が仲介してやり取りしてくれるので、気を使う必要がないのです。

また、こちらの都合を先方に伝えて段取りも調整してくれるので、本当に希望する日に面接を行う事も可能です。

やはり、面接の日取りやその他のやり取りを採用してくれるかもしれない会社と行いというのは、下手なことが言えないから気を使って無理なスケジュールや遠慮がちな物言いになってしまう可能性もあります。

内定辞退も言いづらいです。

ですがエージェント越しであれば、遠慮なく言えるのでこれも非常に大きな利点の一つです。

次が非公開の情報も持っている点です。

企業サイト上では採用情報を出していないけど、実は人を欲しがっているような非公開の情報をエージェントは多数有しています。

なぜなら、エージェントを仲介する事で、企業側にも変な人が来ないというメリットが出てくるからです。

HP上に採用情報を載せていると、会社への前情報をよく分かっていない、経歴もよく分からない人が受けてくる可能性があります。

ですがエージェントだけで公開していると、エージェントがまず人を精査してくれるので変な人が来ないという訳です。

故に受ける側からしたらエージェントで転職活動をすることで、自力よりも幅広い選択肢が得られるというわけです。

また、面接の練習や戦略についても相談にのってくれます。

なぜ転職したいのか。

この転職で解決したい課題は何なのか。

これらを話し合ったうえで、戦略を固める事が出来ます。

戦略固めは自分の軸となるものです。

軸さえあれば、面接時でも回答がブレる可能性が低くなります。

また面接練習でも、その軸が見えているかどうかをしっかり見てくれます。

これを事前にやっておくと、強気な姿勢で面接に臨めるという訳です。

上記のサービスが全て無料で受けられるのです(エージェントは求人先から報酬をもらっている)。

登録しない手はないのです。

スポンサーリンク

どの転職エージェントが良いの?

代表的な4社のエージェント

転職エージェントというのは、非常にたくさんあります。

何を選べばいいのか、分かりづらいと思いますので、まずは代表的なエージェントを紹介いたします。

・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com/

・マイナビエージェント:https://mynavi-agent.jp/

・パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp/

・DODA:https://doda.jp/

これら4つが最もメジャーです。

メジャーなエージェントを選び利点としては、求人の量とサービスです。

特に求人は各エージェント間でかなり異なっているようです(というかこれがエージェントの財産)。

転職エージェントを選ぶときの大原則として、必ず複数のエージェントに登録するというものがあるのですが、その理由の一つがこの求人です。

複数のエージェントに登録する事で、幅広い求人網を手にする事が出来るのです。

その他にも多数エージェントは存在しますが、まずは先の4つに登録しておけばいいでしょう。

担当者の能力次第

先程エージェントは複数登録が必須と書きました。

求人の幅を広げると言いましたが、それ以上の理由としては担当者の質です。

実は担当者はエージェントの規模が大きければ良質であるとは限らないのです。

これはかなり当たり外れ大きい要素になります。

大きいところでも担当者がイマイチだと、戦略面が甘かったりします。

小さいところでも担当者が当たりだと、抜群のサポートが受けられます。

担当者の質によって、採用の成否は大きく変わると言っても過言ではありません。

これがエージェントを複数登録すべき最大の理由となります。

事実私はリクルートエージェントではイマイチな担当でしたが、マイナビやパソナではかなりアタリな担当者で本当に親身に相談に乗ってくれました。

転職は担当者と二人三脚で行う活動です。

つまり相棒です。

見極めはさほど難しくありません。

・自分の話を真剣に聞いてきてくれるか。

・自分の希望に合う求人を引っ張ってきてくれるか

ここだけでも注意すると、割と分かります。

外れな担当者は本当に雑な会話をしてくるので、一発で分かるもんなのです。

スポンサーリンク

まとめ

転職エージェントは、いまや転職活動において外せない存在となっています。

煩雑な書類仕事を小さくし、面倒な段取りは全て請け負ってくれるので、働きながらでも無理なく活動する事が出来ます(面接の時間は自力で確保必須ですが)。

転職したいなと思ったらまずは、転職エージェントの代表4社のHPをのぞいてみて下さい。

きっと良い転職先が見つかるはずです。


転職
スポンサーリンク
シグマアイ-仕事で使える統計を-

コメント