なぜ不偏標準偏差をn-1で割るのか【導出過程お見せします】

バラツキ

不偏(標本)標準偏差では、母分散を推定するために偏差平方和をn-1で割ることで算出されます。

母数を推定する場合は、n-1

サンプルそのものの”ばらつき”を知る場合は、n

とだけ覚えておけば、実際に仕事で活用するうえで不便はありません。

しかしながら、中にはなぜn-1で割るのかどうしても気になる人もいるかと思います。

また、自身は気にならなくても「母数を推定するにはn-1で割るんですよ」と知らない方に言って

「なんで?」

と質問されて困った方も、またいらっしゃるはずです。

今回は、以前の記事で省いたn-1で割る理由を数式を使って解説します。

書籍で勉強する際はこちらがおススメです。

コメント