2018-09

スポンサーリンク
コラム

品質管理と統計学

品質管理は漫然と日々の業務を過ごしていると、目的を見失いがちになる仕事です。日々健全に過ごすためにも、目的を見定めて、統計学を武器とすることでこのストレス社会を戦い抜きましょう。
コラム

統計において大切なのは「鵜呑みにしないこと」

統計というツールは、数字を扱う仕事の上で非常に便利であるために過信してしまいがちです。そしてものごとを過信したときに人は痛い目に会うと相場は決まっています。過信しないためにの方策を今回紹介したいと思います。
コラム

使えるデータか見極めよう

分析するにはデータが必要ですが、そのデータっぽいものが手元にある場合があります。ただしそれは整理しないと使えないという場合、まとめる時間を使うべきかの判断に迷います。 そんなときは今回紹介する方法を使ってみてください。
スポンサーリンク
平均

平均値の差の検定はwelchのt検定を使おう

平均の有意差を確認する検定としてt検定がありますが、通常のt検定では等分散の場合にしか対応が出来ません。 もし分散が異なる場合は今回紹介するWelchのt検定を使います。
グラフ

正規性を示すQ-Qプロット【エクセルで分かりやすく解説します】

統計学はそのほとんどが正規分布を前提にしているものばかりです。ゆえに正規分布か否かは非常に重要な関心事です。 今回は正規性の評価方法の一つQ-Qプロットを紹介します。
グラフ

データの比較はバラツキを意識しよう

現代のサラリーマンはいつも何かしら数字の比較をしています。 ですがその比較。バラツキは考慮しているでしょうか。 バラツキを考慮するしないで、結論は180度違うものになったりします。
グラフ

グラフによる印象操作について

グラフは数字息吹を吹き込む非常に有効なツールです。ですが世間では、意図的に印象を押し付けるグラフが跋扈しています。 今回はその騙しの手法や見抜き方について解説します。
バラツキ

統計的に管理値を決めよう 平均±3σ(標準偏差)

製造現場に関わっていると、規格を決める場面に遭遇することが多いです。そんな中でだれもが納得する、根拠がある規格値を決められとカッコいいですね。今回は統計的に意味のある規格の決め方を紹介します。
エクセル

相関関係とは何か?【公式からエクセルでの算出まで紹介します】

...
コラム

統計を説明する面倒さ

仕事で新しいツールを使う場合、一番面倒なのは「どういうツールかを説明する」ことです。 今回は私が普段説明する際に気を付けていることを紹介します。
スポンサーリンク